【「トンカットアリ」の効能と副作用】男性ホルモン”テストステロン”の分泌を増やす方法と効果的なサプリ-男の更年期の対策と克服-

「男性ホルモン(主にテストステロン)」の分泌が活発であることは、
それだけで”勃起しやすい状態”であり、下半身が健全に機能するために必要なことです。

男性ホルモンとは、何よりも下半身を支える”別格”と言える存在です。

男性ホルモンの”スイッチ”が入る、いわゆる成長期には

体毛が濃くなる

筋肉が付きやすくなる

という体の変化が起き、「ペニス」や「睾丸」も肥大し「精子」の製造が始まります。

外見的な成長期が終わった後にも、精子は作り続けられるものであり
勃起や性的な衝動は、生涯にわたって男性ホルモンによって起きるものです。

身長を伸ばすしたりする成長ホルモンは、分泌される時期が限られますが
”筋トレ等の成果を反映する成長ホルモン”は、男性ホルモンと同じく常に作られています。

これらは、20代をピークに減少する一方ですが
だからこそ、その分泌を維持・増やすことが勃起にとって非常に重要な要素となります。

性を楽しみたいのであれば、性ホルモンに満ちた体を作ることが必要なのです。

テストステロンとは、ある意味で”成分”であり、何よりも「勃起成分」と言えるものです。

しかしながら、他の勃起成分とは”関連性が高い”とも”別次元のお話”とも言えます。

”ホルモン”という分泌物が、圧倒的な存在であることもその理由です。

「亜鉛」も「アルギニン」も、いくら摂取しようがテストステロンの力には敵いません。

そして、男性ホルモンは直接的に摂取できるものではありませんが
それを少しでも補うための、希望の見える成分として
強壮剤系のアイテムの定番の成分である「トンカットアリ」といったものがあります。

あくまで、”テストステロンを増やすことにつながる成分”であり
直接的な男性ホルモンの投与とは、効果は異なるものですが
早めに知っておいて、また試してみて損はないものと言えます。

超強力滋養強壮成分「トンカットアリ」とは

”トンカットアリ”という名称に関して、30歳以上の男性であれば
おそらく、「エロ本の広告ページ」で見たことのある方は多いはずです。

「超ヤバい成分」

として、ある時期から急激に広まった「勃起成分」の1つです。

「マジでヤバい」

そういったキャッチフレーズで売り出されたアイテムは、
当時は非常に高価だったにもかかわらず、劇的に売れたものでした。

時代は流れ、その存在が珍しいものではなくなった今では
勃起力を高める成分の1つとして、多くの精力サプリに配合されることになりました。

当初は”それだけ(トンカットアリのみの配合)”だった商品も多かったですが
現代では”成分の1つ”として、よりリーズナブルな価格で試すことができるようになりました。

エロ本を読んでいる頃は、「まさか自分が”こう”なるなんて・・・」と思っていた男性が
いざそうなった際に、トンカットアリの存在を思い出した方も多いのではないでしょうか?

そして、トンカットアリというのは「確かに一線を画した超強力な成分」と言えます。

トンカットアリは、東南アジア原産の「ハーブ」であり”そこでしか育たない”植物です。

まずそれこそが、貴重な理由そのものになります。

  • 精力剤
  • 強壮剤
  • 媚薬(催淫剤)

として古くから利用されてきた歴史があり、今尚

  • 病後
  • 産後
  • 高血圧

といった症状に、”有効だと判断して使われる”ことの多い成分です。

トンカットアリの効能には、賛否両論があることが事実です。

しかし、こと

  • 勃起不全
  • 性的機能不全
  • 精子の活動力
  • 不妊

といった”精力”が関わる症状への効果は、多くの特許が出願されています。

※実際に認められているものは少ないものの、臨床実験が進んでいます。

”加齢によるED”にぜひ取り入れたい頼れるサポート成分

トンカットアリが、精力剤に含まれる理由としては

「テストステロン(男性ホルモン)」を高める

という効果が目的であり、これこそが他の成分とは一線を画す最大のポイントです。

テストステロンを作るための成分としては、アルギニンが知られますが
トンカットアリに関しては、より”分泌”という側面が強いように考えられます。

また”催淫(性的な興奮を刺激する成分)”的な働きをするとして
実際に、現地(東南アジア)では媚薬として販売されているものも多いようです。

当サイトでも繰り返し解説しているように、勃起するための第一歩は「性的な興奮」であり
それが”できること”が大前提であり、それは生きる力(精力)そのものと言えるのです。

  • 性ホルモン
  • 興奮

という、勃起を支える2大要素を強力にサポートする成分がトンカットアリなのです。

また”精子の活性化”という面で、「男性不妊」への効果も期待されています。

男性機能に不安が出始めたら、ぜひ試して欲しい存在が精力サプリになりますが
「加齢(テストステロンの減少)によるED」が疑われる場合にこそ、
ぜひ、トンカットアリが配合さているアイテムを選びましょう。

\ほぼ全部入り「ヴィトックスα」が鉄板!/
VITOX-α

「質」が非常に重要なものだから

トンカットアリを摂取する際には、質高いものを選ぶ必要があります。

どんな成分にも言えることですが、トンカットアリは”品質”の影響をより大きく受けます。

一方で特定の条件でしか育たない等、今尚非常に貴重な植物となっています。

特に「マレーシア産」というのは、非常に重宝されており
トンカットアリは、マレーシアが国をあげて取り組む商業アイテムでもあります。

本来であれば、原産地で煎じたものを購入するのがベストと言えます。

しかしそれが現実的でないのであれば、やはりサプリメントが最も効率的です。

トンカットアリは、

  • ダイエット効果
  • アンチエイジング効果

といったものも、期待される成分です。

「老い行く体」にとって、まさに理想的な成分と言えますが・・・・
繰り返しになりますが、トンカットアリ「劇薬」としての一面もあります。

たとえサプリ(食品)による摂取であっても、過剰摂取には十分に注意しましょう。

それは裏返して考えれば、それだけ”効果が強い”とも言えます。

「マカ」や「クラチャイダム」との併用は?

トンカットアリと同じく、”精力剤に使われるハーブ”に

  • マカ
  • クラチャイダム

という、2種類のものがあります。

これらは、

  • 亜鉛
  • アルギニン

を豊富に含むことが特徴的ですが、トンカットアリと併用しても問題はありません。

実際に精力系のトータルサプリでは、これらをまとめて配合したものも多いです。

むしろ、”一緒に”摂取することでより効果的なアプローチとなるはずです。

とは言え、様子を見て少しずつ試していきましょう。

トンカットアリも配合している「ヴィトックスαエキストラエディション」の解説記事

※トンカットアリを含む、強壮剤に含まれる成分は
”きっかけ”として利用することは、非常に有効なものであり
「サプリ」の場合には、用法・容量を守って利用する限り問題はありません。

歳をとったら男性ホルモンは<引き出す>必要がある

ある程度年をとり、明らかな下半身の衰えを感じ始めた後は
自然に勃起するとは考えず、テストステロンを<引き出す>ことを意識しましょう。

昨今、急速に知名度を上げた勃起成分の代表とも言える”アルギニン”は
男性ホルモンの原料となる成分であり、また分泌のスイッチを入れる成分になります。

男性ホルモンを他の成分で考える際には、アルギニンがその中心になります。

もちろん、アルギニンだけで男性ホルモンの状態を保つことはできませんが
間違いなく”サポート”となるものであり、積極的な摂取を意識するべき成分です。

更にアルギニンには、成長ホルモンの分泌を促す効果があります。

これは「筋トレ」の結果に、顕著に見られる現象です。

”筋肥大”を目的とした筋トレを、効率的に実践するために
アルギニンを摂取するべきなのは、トレーニーの間では常識的なことです。

そして筋肉(力)もまた”ペニス”と同じく、極めて男性的な要素と言えます。

「筋トレ+アルギニン=成長ホルモン」

という図式は、下半身の機能にも間違いなくメリットを与える過程です。

そしてその際に、トンカットアリといったプラスアルファが加わることで
加わるものが多いほどに、より大きな効果を期待することができるのです。

「男の更年期」を乗り越えるためにも男性ホルモンの活性化は有効

男性ホルモンに左右される最たるものが、なんと言っても”性欲”です。

性欲が沸く・沸かないは、基本的に男性ホルモンの分泌状態を反映します。

そして男性(成長)ホルモンは、加齢によって確実に減少していきます。

そのため、加齢に伴って性欲が沸かなくなるのは自然なことです。

少なくとも、その”絶対値”が減っていくことを避けることはできません。

そのため、<食い止める>という表現が正しいのかもしれません。

一方で、何等かのトラブルによって急減しているのであれば復活させることもできます。

昨今、「男性の更年期障害」が注目されています。

”更年期障害”と言えば、中年以降の女性に特徴的な症状ですが
その根本的な原因は、女性ホルモンの減少にあります。

そして性ホルモンの減少が、身体機能を狂わせるのは男女共に同じことです。

それは女性だけでなく、男性にも起こることが徐々に常識となってきています。

その症状は女性と同じく”動悸”や”ほてり”、それらに加えて「ED」も含まれます。

まさに、”EDは男の更年期障害”と言える典型的な症状なのです。

下半身が元気だと体全体が元気になる

思春期~20代の男性の”勃ち”がいいのは、ひとえに”ホルモンの分泌量が多いから”です。

健康状態に関しても、同じことです。

つまり、ホルモンの分泌を刺激することが健康の維持にもつながります。

たとえ”下半身の活性化”が目的だとしても、そのメリットは非常に多いと言えます。

世の中には、”ホルモン療法”と呼ばれるものがあります。

更年期障害が”重い”人が受ける治療になりますが、劇薬であり副作用も多いです。

可能であれば、日常生活の中で実践していくことが理想です。

食生活に問題があるのであれば、ぜひ”サプリ”を活用して欲しいと思います。

精力系のサプリは、その効果を実感しやすく”コスパ”が高いアイテムです。

何よりも、配合されている栄養素の種類が多いことから
トータルバランスを考えた際にも、ぜひおすすめと言えます。

過剰摂取を避ければ、副作用を気にする必要はありません。