【勃起の感覚を取り戻せ!】”たたせ方”を体が忘れてしまったらどうすればいい?-まだ性欲がある場合と感じなくなってしまった場合の対処-

どうやってたんだっけ?

しばらくやっていなかったことを、いざしようとした際に
「やり方が分からない!?」と、改めて”忘れてしまったことに”気づくことがあります。

そして、”勃起”はその典型と言えるものでもあり・・・

勃起しよう(したい)と思うのに勃起できない!

”勃起するための要素があるにもかかわらず”

勃起できるはずなのに・・・できない!!!

男としては、焦って当然のシチュエーションです。

久しぶりのチャンス!

でも、ムスコは反応せず。

こんな残念なことはありません。

一方で、そういった事態はEDの改善のために動き出すのきっかけにもなります。

ぜひ、早急な対処を始めましょう。

”もう一度”ではなく「習慣」にする気持ちを持つ

とは言え、はっきり言えば”そうなってから”焦るのはかなり遅いです。

「勃起できないことに気づいた」ということは、

  • しばらくしていなかった
  • もうあきらめていた

どちらかの可能性が高いと思われるためです。

”ちょっとサボった隙に”ということもありますが、
まずは「忘れていた」ということを反省しましょう。

そのうえで、今後は<習慣化>することを心掛けていきましょう。

勃起不全に陥らないために、最も大切なことは”勃起すること”です。

勃起する習慣があるということは、常にペニスを”準備”しているということでもあり
習慣化していることで、”できなくなった”という事態にすぐに気づきやすくなります。

もう一度したい!

のではなく、

今後も”し続ける”ことを目標に、より高いハードルを設けましょう。

「いい年」を過ぎれば、男性機能というのは基本的に劣化していくものです。

遅いか・早いか

という個人的な差はありますが、「今までの自分」よりは確実に”ダメ”になります。

だからこそ、”むしろ若い頃よりも硬く”を意識していくことが大切なのです。

まずはとにかく性的に興奮すること

そもそも、”忘れてしまった”という時点でかなり”重症”であると言えます。

焦っても仕方がありません。

じっくり、段階を追って克服して行きましょう。

まず、性的な勃起(朝勃ちではない)のきっかけとは「性的な興奮」です。

そして、勃起の仕方を忘れてしまった人というのは

  • 性的に興奮することができる
  • 性的な興奮もできない(興味も薄れている)

この2つに分かれると思います。

後者の場合”より重症である”と言えますが、なんらかのきっかけがって
「もう一度」と考えるのであれば、ぜひ性的な興味を取り戻すことから頑張ってみましょう。

性的な興奮と勃起というのは、本来はセットになっているものです。

”性欲自体”はある?のに勃起できない場合には

最も苦しいインポの症状として、

「やりたいのにたたない」

というものがあります。

EDになってしまった人の反応としては。

「まあ、もういいか」

「ちくしょう!なんとかしたい!!」

基本的に、この2つに分かれることになります。

そして、前者のケースというのは

・元々基本的な性欲が薄かった

・もう十分やり切った

という男性が多く、”仕方がない生理現象”として受け入れることができる人達です。

苦しいのは、後者です。

「まだまだ性を楽しみたいのに・・・」

という人もいれば、より深刻なケースとして

「これから子作りする予定だった・・・」

という場合もあります。

晩婚化が進んだ現在、全く珍しくはないケースです。

共通していることというのは、

「とにかくまた元気に勃起したい」

という気持ちであり、更に”基本的な性欲自体はある”ということです。

性欲はあるのになぜか勃起することができない、漢としては非常につらいことです。

”まだ間に合う”からこそ1つ1つ冷静に対処していく

状況としてはつらいものですが、考え方によっては”なんとかしやすい”状態です。

と言うのも、

勃起力を回復させることを考えた際に、当サイトが最も重要であると考える要素である
”やる気”自体はあると言え、「やる気もない」という最悪の状況ではないということです。

後は”物理的な問題”だけであり、着実に問題の種を消していくことが大切です。

「まだまだヤりたい!」からこそ焦ってしまいがちですが、冷静に対処していきましょう。

性欲はあるけどイマイチうまく勃起できない

という症状の、最”もありがちな”要因が「疲労」です。

疲れていて勃起できない、という単純なものです。

場合によっては、「疲れマラ(ヤバい時ほどよく勃つ)」ということもありますが
基本的には、体が弱っている時というのは勃起するのが難しいものです。

それは年をとるほど顕著なものであり、まさに”体力の衰えそのもの”です。

そして、それは「気づかない疲労」も含まれます。

”疲れ”も麻痺してくるものでり、”元気なようで弱っている”という症状は
働き盛りの年代の男性を中心として、多く見られる危険な状態です。

自分の体の衰え、そして隠れた疲労に無自覚なことによって
勃起しづらい体になっていることは、決して珍しいことではありません。

そして、次に考えられる要因が「ストレス」になります。

特に”若いのに”といった、「不自然なインポ」に多いケースです。

これも疲労と同じく、自覚がないだけで”気づかないうちに”というケースが多いです。

まずは、こういった単純な要因からクリアにしていきましょう。

”興奮しているのに勃たない”というのは危険でもある

性欲はあるのに・・・というのは、改めて考えれば非常に不自然なものです。

人間の体、オスの体というのは、興奮すると勃起するようにできています。

それができない、性欲がだけが残された症状は、体の”機能”としておかしいのです。

異常な事態が起きている、と考えることも必要です。

「勃起神経」が反応できない体になっている?

”結果的に”勃起を引き起こすのは、体内で発生する(あった)物質であり
脳が興奮した後に、勃起の指示を陰茎に出すことになります。

その際にその指示を運ぶのが「神経」であり、興奮物質が流れるのが「血管」です。

興奮しているのにもかかわらず、”結果的に”勃起ができていないということは
脳内の「興奮のスイッチ」は押されているのに、陰茎に届いていないということです。

スイッチを押すことはできている、

と考えるのであれば、神経か、血管か、もしくは両方に問題があると考えられます。

神経もしくは血管もしくはこれら両方のトラブルによる勃起不全

というのは、「生活習慣病によるインポ」の典型的な症状でもあります。

特に、「糖尿病(高血糖)による血液の汚れ」を軸にした

・血液の汚れによる血管の硬化である「動脈硬化」

・血液が汚れていることで水分や栄養素が神経にうまく届かない「神経障害」

これらは、生活習慣病が一歩進んだ段階であると言え
勃起不全の症状というのは、その結果の1つに過ぎません。

「血管障害による視力の低下」等と同じく、”起きてしまうこと”なのです。

性欲が強い人というのは、(残念ながら?)食欲が強いことも多く
生活習慣病の潜在的なリスクが高いとも考えることができます。

一度立ち止まって反省し努力するしかない

こればかりは、気を付ける・節制するしかありません。

全て人が同じでとは言いませんが、
元来スケベな人というのは、”自制心”が弱い現実もあります。

飲み会のハシゴ→〆のラーメン→風俗店

この繰り返しに、覚えのある方も多いのではないでしょうか?

「男として生まれたからには」と考えれば、間違ってはいないことかもしれません。

しかしながら、”いつまでもそのままイケる”というわけにはいかないのです。

人間は、誰もが年をとります。

年をとるにつれて、「今までの積み重ねの結果」が濃くなって見えてきます。

インポテンツになるのは、ある意味で「因果応報」でもあり反省が必要です。

間に合ううちに、なんとかしておきましょう。

できれば、今すぐに。

冒頭でもお伝えしましたが、”性欲自体はある”のであればまだ間に合います。

せっかく”やる気”が残っているのであれば、ぜひ復活させましょう。

致命的な症状になる前に、ぜひ。

下半身に対して「できる限りのこと」をしていくしかない

悩んでいても仕方がありません。

また原因が分からないとしても、焦っているだけでは時間が過ぎるだけです。

”勃起のためにできること”は、常に取り入れていきましょう。

今すぐに、できることから始めましょう。

少しでも反応させることができれば、後は”質”を求める段階になります。

若い世代のインポの方が、より深刻なものには違いありません。

一方、加齢に伴う生理現象としての「精力の減退」には根本的な要素が影響します。

”男としての機能”を呼び戻すためには、男性的な要求の”素”を取り戻す必要があります。

まずは少しでも”感覚”を取り戻すこと

”自転車の漕ぎ方”や”泳ぎ方”といったものは、忘れることがない典型的なものです。

いわゆる、「体が覚えている」というヤツです。

むしろ、できないようになる、できない状態に戻すことが難しいものです。

まして、本能的なものこそ、能力を失った際に取り戻すことが難しいことが分かります。

”無意識”にできていたこそこそ、「何も考えなくてもできるだろう」と油断しがちです。

感覚を取り戻すためには、しっかりと<意識>する必要があります。

離れていってしまったものを、少しでも引き戻しましょう。

”いつか”は、できなくなる日がやってきます。

できるだけ長く”できる状態”を保つためには、”忘れにくく”すること
そしてそのためには、やはり習慣化が何より大切な要素なのです。